TASKENblog コンテンツクリエイター・音楽制作やアートなどの雑記系ブログ

【MANIACなアルバム紹介】AMBIENT1:MUSIC FOR AIRPORTS/ブライアン・イーノ

MANIACな音楽の紹介

アンビエント1:ミュージック・フォー・エアポーツ
ブライアン・イーノ
EAN ‏ : ‎ 4988005880376
時間 ‏ : ‎ 48 分
レーベル ‏ : ‎ ユニバーサル ミュージック
ASIN ‏ : ‎ B00TG0BMZ2

アンビエント音楽好きには言わずと知れたブライアン・イーノ御大。僕はこのアルバムを初めて聴いて衝撃を受けてアンビエントに目覚めました。いわばお師匠様なのです。

それまで環境に基づいた音楽というものを聴いたことがなかったし、そもそも環境と音楽を一緒に考えるという事も想像だにしていなかったので、その後の僕の音楽人生に多大な影響を与えた一枚なんです。

ブライアン・イーノは、イギリスのミュージシャン、プロデューサー、作曲家、アーティストで、さまざまな音楽ジャンルで革新的な多くの作品に足跡を残してきている巨匠。

イーノはアンビエント音楽の創始者としても有名で、彼の作品は実験的で没入感のあるサウンドスケープが特徴。独自のエレクトロニックサウンドと壮大なアンビエントな要素が組み合わさって、さまざまな感情を引き起こすパワーがあります。

また、デヴィッド・ボウイとのコラボでも有名で、「Heroes」や「Low」といったボウイのアルバムのプロデュースを手掛け、その革新的なアプローチでサウンドを進化させました。イーノのプロデュースは、多くのアーティストにも影響を与えています。

※以下アフィリエイト広告です。