TASKENblog コンテンツクリエイター・音楽制作やアートなどの雑記系ブログ

【マニアックな音楽】Psychill Musicとは

TASKEN Select

どうも!TASKENです。@tasken3369

ブログでマニアックな音楽の世界を紹介していこうと思っているのですが、最初の紹介は僕が最近力を入れてオリジナル曲を発表しているPsychill Music(サイチル・ミュージック)について説明していこうと思います。どうぞお付き合いくださいませ。

PsyChill Musicとは

Psychill musicは、サイケデリック・チルアウトとも呼ばれ、テクノやトランスなどの電子音楽とアンビエント、エスニックなどの要素を混ぜた音楽ジャンルです。このジャンルは1990年代にイギリスで生まれ、その後、世界中に広がっていきました。

この音楽ジャンルは、能動的なリスニング体験を提供することを目的としており、聴く人が音楽に没頭し、自分自身と繋がりを感じることができるように設計されています。

リラックスや瞑想、クリエイティブな活動などに適した音楽であり、海外を中心に多くの人々に愛されています。このジャンルの音楽は、しばしば自然や宇宙、神秘的な世界観を表現するためにも使用され、聴いている人を別の世界に誘います。自然の音や音楽的なサンプルなど、多様な要素がPsychill musicの特徴として挙げられます。

主なアーティスト

Psychill musicの音楽家やプロデューサーには、OttShpongleEntheogenicCarbon Based Lifeformsなど。

Ott

Shpongle

Carbon Based Lifeforms

これらのアーティストたちは、自分たちの創造性を通じて、Psychill musicのジャンルを進化させ、異なる音楽ジャンルからの影響を取り入れ、独自のサウンドを作り上げています。

個人的にはOttCarbon Based Lifeformsが一番今のPsychillっぽい感じで好き。

また、Psychill musicは、エコロジカルな価値観を持つ人々にも支持されていて、自然な環境や動物たちに対する敬意を表現するためにも使用されていたりします。例えば、Ottのアルバム「Skylon」には、アマゾンのジャングルをテーマにした曲が含まれています。

総じて言えることは、Psychill musicは、深いリラックスや瞑想、創造性の向上など、様々な目的に適した音楽であるということ。このジャンルの音楽を聴くことで、人々は自然や宇宙、人間性などについて深く考えるきっかけにもなり、単なる音楽ジャンルというだけでなく、人々の生活に影響を与え、考え方や価値観を変える可能性を持っていると言えます。

最後に手前味噌ですが、僕のAmbientの個人レーベル「M&H SOUND Studio」でリリースしている動画を紹介。

Psychill 2Hour MIX / M&H SOUND Studio

https://youtu.be/lq5bX_VLPa0?si=6pyuo5CIoVcAmNbg

良かったらチェンネル登録と高評価お願いします!

チャンネルはこちら

M&H SOUND Studioの音源はbandcampでリリースしています。

M&H SOUND Studio