TASKENblog コンテンツクリエイター・音楽制作やアートなどの雑記系ブログ

お試し企画|HEXAでNFTアートを発行

雑記

どうも!最近インスタントラーメンは具材を入れない素ラーメンが一番旨いんじゃないかという疑問に苛まれているTASKENです。@tasken_media

実は以前より興味があったNFTアートの発行。そう、僕は音楽以外にもアートやデザインというものが大好きで、実際一時期グラフィックデザイナーとしても活動しておりました。ただ、ここだけの話、クライアントワークではあまりいいクライアントに恵まれず苦労した経緯があり、今は辞めてしまいました(これでも某大手の電機メーカのWebサイトのグラフィックデザインをやった事はあるんです)。

そういった経緯があり、個人的なグラフィック作品などを細々と作っていたりしたんですが、ここ数年NFTアートが流行り出し、いつかは自分も作品を発行してみたいと思っておりました。

そういった中、akeo tsuzuki名義でSNSで発表していたアブストラクトアート作品に海外のNFTコレクターから買いたいというDMをいただき、急いでNFTアートの発行しなければ焦ったわけなんですが、いかんせんイーサリアムなどの仮想通貨は持ってません。普通にOpenseaなどで登録したらどれだけお金がかかるか不安だったので、手っ取り早く日本語で発行できるAdam by GMOに登録申請をしてみました。

しかし申請許可の連絡が2週間を過ぎても一向に来ない。かなり混雑しているって事だけど、それにしても時間がかかってるなぁと。まぁ気長に待つしかないかなと・・・。

モチベーションが低下する中、何気に国内のNFTマーケットプレイスの事を調べていたら、妻からこんなのもあるよ教えられたのがHEXA(へクサ)。

ただ、このHEXA、どちらかというと国内向けのサービスで海外のコレクターはあまり来ないようなんですね。当初の目的からは離れてしまうので、ダメかぁと諦めかけたのですが、サービス自体は簡単に登録できるというメリットがあったので、面白半分でTASKENの名義で以前制作したポップアートのNFT発行を試してみました。

基本的な登録とウォレットの連携をすまし、数点のNFTアートの発行を申請してみたところ数時間もかからずに申請が通りました。

それがこちらのページ↓

HEXA TASKEN NFTコレクションページ

発行したNFTアートは昔に”相反するPOP”というテーマで制作したポップアートで「POP CRASH Collection」と名付けました。

この作品たちが売れるかどうかはわからず、今回はNFTアートの発行という手続きをまずは経験してみたかったというのがあるので、あまり期待はしていません。ただ、作品を正式な形で発表するという行為そのものが僕にとっては楽しかったりします。

今審査待ちのAdamの方で許可がおり次第、本格的にNFTアート制作活動を始めていこうと思っております。(このTASKENのポップアートも続けていきます)