TASKENblog 独立系音楽家の雑記系ブログ

【雑記】2024年6月11日

雑記

どうも、還暦目前でアーティストの活動を復活したおじさんです。

雑記系ブログとして立ち上げてから、それほど雑記系ではない感じでダラダラと更新を続けてきている訳ですが、もう少し自由に肩の力を抜いてやっていこうと最近思っております。

別にブログで稼ごうなどと1ミリも考えてなくて、いや0.5ミリぐらいは考えているかもしれないけど、自分は音楽制作が本分でありますので、制作の邪魔になることは極力避けるようにしてます。
とはいえ、音楽活動の助けになるようなことであれば色んなことを試しておきたいし、活動は認知してもらう事も大事なんで、ブログを続けてきている感じ。

noteなども利用はしているけど、noteなどはいきなり記事の削除をすることもあるという。
WordPressで自分でサーバー借りてブログを運営していけば、いきなり消されるようなことはないんで、このブログを自分の活動情報のハブとして運用しています。

ただ、Webマーケティングにそれほど精通しているわけではないんで、なんだか個人の備忘録的な感じのブログになっているのが現状。
まぁ、ページビューを稼ぐためにガツガツやっていくつもりはないので、マイペースで更新しております。

最近は以前よりもとても穏やかな気持ちで制作をしています。

YouTubeチャンネルで収益化できるようになったのがとても大きくて、まだ収益は月5万円ぐらいだけれども、YouTubeチャンネルの視聴数の増加とともにbandcampでの売り上げも出るようになってきていて、自分の音楽を認めてくれる人達がいるという事でとても救われているからです。

ネット上での個人での音楽活動は実は結構長くて、遡ると20数年前に始めてたりするんです。
その頃はまだインターネットも一般的ではなく、ましてやECサイトなんてない時代。
予算をかけてCDをプレスして注文があり、入金を確認したら配送するしかないわけで、手間がかかるし、宣伝しようにも当時のネット上では限界があり、結局ほとんど売れずに諦めた事がありました。

インターネットがだいぶ普及してからも、中々認知してはもらえず、色々と瞑想する日々。
もうヤケクソで単純に自分が好きな音楽だけやっていこうと決めてから、急に認知され出したのには自分でもびっくりしました。
世の中どうなるか本当にわからないモノです。

でも、本当は認知されただけが穏やかな気持ちになれたわけではなく、自分のやりたいと思った音楽を素直に制作できている事。それが一番大きいかも。

この先、よりYouTubeでの視聴者数が増えるのか、それとも頭打ちになり収益化も厳しくなるのかはなんとも言えないけど、これだけは確実に言えます。
今後も自分のやりたい音楽だけやっていく。
それだけで穏やかに暮らすことができる。

もう還暦目前ではあるけど、これから先楽しみでしょうがありません。
この先いつまで生きられるかわからないけど、死ぬまで音楽を作り続けていきたいと思っております。