TASKENblog コンテンツクリエイター・音楽制作やアートなどの雑記系ブログ

富士山を間近で堪能〜田貫湖キャンプ場

雑記

どうも!温泉に行ったら必ずコーヒー牛乳を飲むTASKENです。@tasken_music

11月も中旬を過ぎ、寒さが厳しくなってきた頃、田貫湖キャンプ場に妻と行ってきました!

https://tanukiko.com/

料金は、1張1泊2,500円(税込)、大型テントだと1泊3,500円(税込)。他に入場料として大人一人200円。駐車場代は無料で、なかなかリーズナブルだと思います。(ちなみにタープは別料金)

ただオートキャンプ場ではないので、駐車場からテントサイトが離れています。その為リヤカーを無料で貸し出していたりします。

僕ら夫婦は、キャンプは冬の方が好きで、冬場は薪ストーブをテントにインストールして防寒対策を完璧にしてのぞんでいます。

田貫湖キャンプ場は初めてだったんだけど、こんなに富士山が間近に見れるとは思ってなくて感動もの。

富士山

場所によってはこんな富士山も見れます。

サイトはAサイトとBサイトがあって、Aサイトの方が眺めが良く人気で、この日も結構混み合ってました。30組は軽くいたんじゃないでしょうか。

田貫湖キャンプ場

妻と僕は、混み合っているところが苦手で、ある程度プライベート感のある方が好きなので、Aサイトよりは人気のないBサイトで予約。

Aサイトよりは眺めが悪いのかなと思っていたら全然そんな事なくて、しっかり富士山を眺めながらキャンプを楽しんできました。(でもいつかはAサイトでもキャンプしてみたいですねー)

Bサイトからの眺め

テントはここ3〜4年愛用しているDODのエイテント。

DODのエイテント

オールシーズンで使えるイメージはなかったんですが、試しに冬キャンで使ったら問題なかったので、うちではオールシーンで使ってます。

このテントを使っている人を見たことがないんで、不人気なのでしょうか?形は可愛いし、設営は楽だし、オールシーズン使えるんで、もっと人気があっても良いのになぁと思ってます。

パンダTCが合体したエイテント

冬場、薪ストーブを使うときは、こんな感じでテンマクのパンダTC(スカートは妻が自作)を合体させて使ってます。ストーブはホンマのクッキングストーブ。安い割にしっかりと暖が取れて本体が軽いのが魅力。

煙突部分は、突風にも対応できるようにしっかりと固定してます。

中から見るとこんな感じ。

この昔風のデザインもかわいい。

ホンマのクッキングストーブ

正直、薪を多めに投下するとテント内が暑くなるぐらい。テント内は薄着で過ごせます。

薪ストーブは暖をとるだけでなく、調理でも利用。

ジャガイモをホイルに包んで焼いている横で、ラタトゥイユを作っている妻。

ただ、料理によってはガスバーナーを使ったりもしてます。

妻のお気に入りのSOTOのガスバーナー

ちなみに調理は妻が担当。僕は火の番はしているけど、他は食べる専門w(妻は料理好きなもので・・・)

田貫湖は湖の和まりが散歩コースになっていて、歩きだと1周1時間弱ぐらいかかります。でも眺めもいいし、整備された歩道なので、歩きでもそんなに大変ではないです。

散歩中に動画で撮影。ほんと富士山が綺麗。

ちなみに散歩中にニャンコに遭遇しました。

ニャンコに遭遇

妻と二人で大満足な田貫湖のキャンプでした。都内からだとそれなりの距離だけれども、また行ってみようと思ってます。