TASKENblog コンテンツクリエイター・音楽制作やアートなどの雑記系ブログ

AIでオリジナルキャラクターを作ろう! Microsoft Designerでグッズ販売・LINEスタンプ販売してみた!

制作日記 未分類 雑記

どうも、朝6時起きとかして朝方人間が定着しつつあるTASKENです。@tasken_music

最近、AI技術の発展により、イラスト制作も随分と手軽になってきました。そこで今回、AI画像生成サービスの中でも無料で気軽に使えるMicrosoft DesignerのAI画像生成機能を使って、オリジナルキャラクターを作ってみました。そして、SUZURIでグッズ販売、LINEスタンプ販売にも挑戦してみたので、軽く紹介します。

Microsoft Designerは、AI技術を活用したデザインツールで、豊富なテンプレートや画像素材に加え、AI画像生成機能も搭載されており、簡単にオリジナルイラストを作成できます。

Microsoft Designer

制作したキャラクターはこんな感じ

なかなかに可愛らしいキャラクターを作ることができました。この画像をもとに、Canva Proで細部を変更したり、色を変えたりなどして複数の画像を作成。その画像を使ってSUZURIというサービスで、キャラグッズの販売を始めてみました。

SUZURIの販売サイトはこちら↓

https://suzuri.jp/tasken3369

商品の設定が一括ではできないのがめんどいのですが、それほど大変ではありません。

そしてLINEスタンプとしても販売してみようと考え、またもやCanva Proで文字をつけたり、顔の表情をちょっと加工してみたりして(Canva Proでは画像の一部分を指定して変換することができます)、8つのスタンプを作成。LINEスタンプは審査を通らないと販売できないのですが、その審査も1〜2日ぐらいで通って販売を開始してみました。

LINEスタンプの登録方法は思ったよりは簡単。スタンプの作成も、普段画像制作とかに慣れている人であれば全然簡単です。

黒猫キューティーズのリンクはこちら↓

https://line.me/S/sticker/25719459?_from=lcm

まだ発売されたばかりなので、1個も売れてませんが、作った後は放置できるのが無在庫販売のいいところ。AIを使えば、一つのイラストを作るのがあっという間。オリジナルイラストじゃなければ意味がない、という思いも多少あったのですが、自分が思い描いたイラストをAIにサクッと作ってしまわれたら、「あ、これでいいかw」とw。

これから、さらにAIは進化していくはずなので、積極的に使っていこうと思っております。